ジュンス インタビュー
f0150112_19482570.jpg
「MOZART!」明日が最後になりました
何だかあっという間だったなぁ…
(※今日はサッカーだったようで…元気だ~)

今日は32度くらいですかねぇ
このくらいだとまだ過ごしやすいと感じるって、どうなってるんでしょ(^^;)


今週出ていたインタビューを拾ってきました~今さらですけど覚書ってことで(^^;)
他にもジュンスのミュージカルに関する記事がたくさん出ているみたいですが
今週はぜんっぜん追いかけられなかったんで…

エリザベートは来年ですけど(まだ決定したわけでもないし^^;)、
今年後半は他に何かオファー来てるのかなぁ?

キム・ジュンス "小劇場ミュージカルもしたいです(連合ニュース)



ミュージカル デビュー作'モーツァルト'アンコール公演売り切れ行列

(ソウル=聯合ニュース)シン・ユリ記者= "ミュージカルと愛に陥りましたよ。 来年、再来年には小劇場ミュージカルもしたいです。"
'シア・ジュンス'でキム・ジュンス(24)にじわじわ変わって行っている彼を去る29日清潭洞(チョンダムドン)あるカフェで会った。
ミュージカル話をする時はデビュー2年目新人俳優らしい熱意があふれこぼれた。 難しい質問に答える時は8年目アイドル歌手の老練さと自信が伺えた。
キム・ジュンスはミュージカル舞台に進出したアイドル スター中でも断然話題になった。 続けざまに大作主演を横取りしてチケットをあっという間にまい進させたのに続き高額出演料論議までふくらんだため。
こういう話題を起こしているけれど初めから何の大層な意があってミュージカルに入門したのではない。

"泣いた時が合いました。 映画やドラマ提案も入ってきたがスケジュールも合わせなければならなかったし…. 何より音楽が重要だったんですよ。 音楽があってミュージカルをすることになっていないのではないか考えます。 初めにはミュージカルをこのように愛することになるとは思わなかったんですよ。(笑)"

昨年デビュー作'モーツァルト'に続き創作ミュージカル'天国の涙'でも主演に抜擢されながら常勝疾走した。

"今やミュージカルが何か少しは分かりそうです。 初めには違わないようにすることだけでも手にあまりましたよ。 今は同僚俳優らと呼吸をやりとりするのも習うことになって…. 観客反応も少しずつ感じ始めました。 それでミュージカル公演は毎日毎日が違うといわれるようです。"

彼は舞台で"3秒の差"を悟ることになったともする。

'モーツァルト'で男爵夫人に従っていく場面があるが、セリフが終わって何秒後に背を向けるかにより舞台があたえる感じががらりと変わりましたよ。 3秒あとでついて行くのが最も良かったんですよ。(笑い)"

反面専門ミュージカル俳優に比べて歌詞伝達が不正確だという指摘も受けた。

"ミュージカル歌は歌謡曲を歌う時と完全に違いましたよ。 'ペンディン'(音を上げたりおりて連音で呼ぶ唱法)をしてはいけません。 歌詞もきちんと呼ばなければならなくて。 他の俳優らと比較して異質感を与えないながらも私だけのスタイルを捨てないようにします。"

ミュージカル俳優とグループJYJで活動するアイドル歌手の間で自らどちらに近いと考えるだろうか。

"今はかえってJYJで舞台に立つ時もとてもミュージカルのように呼ぶとメンバーが虐待します。 手ぶりも如何に多くなりましたが。(笑)自ら'歌手でありミュージカル俳優'と考えています。 スイッチを消してつけたといいながら両側を行き来しなければならないということのようです。"

物議も多かった。 一回当たり数百で数千万ウォンの出演料を受けるといううわさ、所属会社の投資のおかげで主演を横取りしたという説など. 'アイドル後光'があるかとの質問にキム・ジュンスは意外に淡々とした返事を出した。

"アンサンブル俳優が如何に多い努力を注いで舞台に立つことになるのか分かります。 私は熱心にしてきた歌手として'贈り物'を受けたと考えます。 高額ギャランティーの話も唯一ミュージカルだけで出てこないですか? ドラマやCFでは出演料をたくさん受けるのが記録のように受け入れられたのに…. ミュージカル市場が劣悪で唯一そのようです。"

彼は国内ミュージカル発展に寄与したいという抱負を明らかにすることもした。

"来年、再来年には小劇場舞台に立ちたいです。 広報大使のような役割もさせてあげれば感謝します。 だが、第一歩は大衆が訪ねて下さるべきだと見ます。 大衆の愛で公演がうまくいって、投資が多く入ってくれば製作会社と俳優が豊かに作品を作って、結局外国に逆輸出もできないでしょうか?"

JYJは前所属会社のSMと契約条件紛争で離れることになった以後放送活動などに制約が残っている。

"まだ広くて果てしないです。 私どもに難しい点があるならば何でもまわって行かなければならないということ、それが大変です。 したいのがあれば他の方法も研究してみながら希望を失わないでいます。"

今年で24才青年の彼にも軍服務計画が気になるようだ。 '天国の涙'話をしながら"軍服をあらかじめ着てみたのも良い経験になった"と冗談を投げかける。

"去る2月に身体検査を受けました。 現役に行かなければならないですね。(笑)検査結果3級が出てきたが実際に結果を見ると惜しかったんですよ。 私も男の自尊心があるのかどうせなら1級が出てきたらと思いましたよ。 最大限活動して時になれば行きたいです。"

彼にミュージカルに飛び込む前と後ある点が変わったのか尋ねた。

"(SMを出て)空白期間である時私をまた探すようにしたのがミュージカルです。 今はミュージカルだけ見てミュージカル歌だけ聞きます。 観客らにもこういう感動を差し上げることができる俳優に成長したいです。"


***********************************

ミュージカルとの出会いは運命的…
でもその選択は、何より音楽を中心にやりたいという気持ちがあってこそ
f0150112_19565446.jpg
ひとつひとつ作品を積み重ねて、
ミュージカル俳優としての幅をどんどん広げていくのでしょう~(^^)
韓国まで見に行けることは、ん~なかなかできませんけれどね…
エ◎ベとの契約が切れたら、日本でも活動できるのかしらねぇ



私のひそかな希望的妄想は、「私は歌手だ」にジュンスが出演すること~
(不朽の名曲よりはこちらでしょう!)
実現しないかな…速攻脱落したとしても、得るものは大きいと思うのよねぇ
今日もKNTVの放送を見ながら感嘆しとりました…

f0150112_20234892.jpg
ミュージカルの合間にサッカーって、怪我を心配されたりもしますけど
ジュンスにとってサッカーは歌の次に大事なもので~
趣味を通り越してるというか(笑)リフレッシュできる大切なものだからね(^^)

今日の試合はヒョンジュンくんや午前くん(グォン以外ね^^;)も出場
楽しいんだろうね(^^)
[PR]
by kako-one | 2011-07-02 20:05 | ♪ JYJ ♪ | Comments(2)
Commented by mamo at 2011-07-02 23:05 x
サッカーの写真、いただきます♪
午前くんの1人グォン君はサッカーやらなかったんですね。
華奢な彼ゆえ、応援席の方が似合いそうですが、、
東方神起でいうとジェジュンみたいな感じ?!

ジュンスがミュージカル出演するのはものすごく嬉しいし
喜ぶべきなのですが、なにしろ劇場は韓国・・・
早く日本でもかつて(!)のように普通に活動できるように
なるといいなぁ
Commented by kako-one at 2011-07-04 16:52
mamoさん、そうなの~アイドル運動会の時にはグォンがダントツで足早かったんですけれど、球技は苦手なのかも(^^;)個人競技の方が似合うかも(爆)

見たくてもそう簡単に行くことができないので、もどかしいですね。天国の涙、世界を回るって話はどうなってるんでしょう?日本に来たとしてもチケット争奪戦に勝てそうもないですけど(^^;)
ほんと、普通に活動できる日が、早く来るといいんですけれどねぇ…
<< 終わりましたぁ。 当てたいものは… >>