人気ブログランキング |
ビューティ インサイド(뷰티 인사이드 2015)
(タグの意味はのちほど…)


f0150112_22071588.png
日本語HP


家具デザイナーのウジンは高校生の時から目覚めると毎日違う姿に変わるようになってしまう。そのため人と関わることを避けてきたが、アンティーク家具店で働くイスに一目ぼれ。毎日違う姿で客として店に通ううちに一大決心して告白するのだが…。






f0150112_22053131.jpg

ツアー中のインスタライブでデヒョンがこの映画のこと話してました。映画館でカップルに囲まれてひとり見たらしい(^^;)良いタイミングでMnetで放送されたので早速見ました(単純)

f0150112_22061806.jpg
f0150112_22055615.jpg
ウジンは男前になるのを待ってイスに告白するんですよね。うん、気持ちはわかる。そして何とかこの顔を保ちたくて2日徹夜するんだけどさすがに帰りに電車で寝ちゃってキム・サンホになっちゃうという(^^;)

f0150112_22053669.png
コメディではありません(^^;)真剣ですよウジンは!


覚悟を決めてイスに真実を話すウジンです…
もちろん最初は気味悪がられて帰ってしまうんですけれど…
ふとした瞬間にウジンのことを思い出すイス
それは見える部分ではないこと…彼に惹かれた理由でもある
イスはもう一度会って答えを探そうとします


f0150112_22054512.jpg
イジヌク登場シーンで館内の女性が「おお~」って反応した時に自分も思わず「おお~」って言っちゃったらしいデヒョンさん…(笑)まぁわかるけどね…(上の動画の8分あたりでしゃべってます)


良いタイミングで良い男になるんじゃーん ずるいじゃーん
最後に出てくる父も男前の時に帰ってくるんかーい
とか思わなくもないのですが(^^;)

付き合い始めた時は良かったんだけど徐々にしんどくなって精神的に疲弊していくイスがリアルで、、、ウジンもイスに甘えすぎてしまったのかもしれません

f0150112_22443989.jpg
私はジュヒョクが出演していたことを知らなかったので彼が出てきた時にデヒョンじゃないけど「おおお」となってしまって…役がねぇ、切なくて良い感じなんですよ。家に送っていくところで「ん?」って言ったところが本当に優しくて胸が痛くて切なくてずんときましたわ…。


f0150112_19224848.jpg

大人の男じゃないと出せない雰囲気なんだよね。


f0150112_22070069.jpg
それから親友役のイ・ドンフィが良い!ほんとこういう友達がいてくれてよかったと思わせるいいやつなんですよ。最近こういう映画(やドラマ)見ていなかったから、途中で裏切るんじゃないかとか(笑)斜に構えてしまうところがあって…彼はどんな役もこなすからいろいろ深読みしちゃう(^^;)いやほんと純粋に楽しめばいいんだよね…ウジンとイスの恋の行方を追えばいいんだよね…。

f0150112_22060698.jpg

あ、個人的に好きなキム・ヒウォンも載っけとこう
好きですこんな役回り 滅多にないけど(笑)
でも使われ方はイケメンの後っていう…(^^;)


f0150112_22055213.jpg

何でしょうね、「愛の本当の意味を考えさせてくれる」そういうことでよろしいか?毎日他人に会う感覚から抜け出せなかったイス。僕がイスを探すから大丈夫、と言ってたけれど、イスからしたら、自分からウジンを探すことができないもどかしさ?怖さ?で精神的に追い詰められていったわけで。外見にとらわれ過ぎてしまうことからいかに解放されるか。離れていても、彼を感じるものを見たり聞いたりすることで動く心が答えなのではないか。まぁ実際にこんな極端な話はないけれど、現代人に訴えかけるものがあるんだろうなぁ。だからヒットしたのかなぁ。正直私も後半はちょっとうるっときました。うん。

外見は人が与える情報のほんの一部なんだと。もちろんそんなことわかってはいるけれど、こうやって変化を見せられると揺らいでしまう自分もいるわけで。んんん、まだまだ修行が足りないな。

しかしラストシーン撮るためにみんなチェコへ行ったのかなぁ。予算あるなぁ。(←そこ!?)



by kako-one | 2018-12-26 19:32 | ☆ 映画視聴日記 | Comments(0)
<< 近況というほどでもないが。 Merry Christmas >>