人気ブログランキング |
グクさんインタビュー



すいません、びえぴの部分だけ抜粋してきました。


f0150112_11090059.jpg


f0150112_11090173.jpg






B.A.Pのことになると、彼はまだ複雑な感情を持っています。 「これについては初めて話します」とヨングクは言います。「 “脱退”という言葉は使いたくありません。[彼の決断を巡る]これは私の元会社が望んでいたことでした。 しかし、私が望んでいた方法でうまくいったものは何もなかったので、少し悲しい気がします。」「当時、私はそれを我慢しようと思いましたが(全ての契約が期限切れになるまで)、またこうも感じました... 'お前はすでに十分耐えてきた、これ以上もっと我慢するのか?’」 私は会社を辞めましたが、私はB.A.P.から引退したとは思いません。私はまだ自分をB.A.Pのリーダーだと思っています。 「彼自身の次の作品については、応える前に少し考えていました。「その音楽が何になるかはわからないが、どんなものでも それはそれが私自身が奏でる音楽になるでしょう。」

(え~間違っていたらごめんなさいです^^;)


…………泣くよね。

グクさんがそう思っていてくれるのなら、
うん、必ずまた6人で音楽を作る日は来る
そう思えます

今は、それぞれが自分のやりたい音楽を作り、
活動をして、スキルアップしていく時





うん、長生きしなくちゃね(笑)




by kako-one | 2019-04-19 11:08 | ♪ B.A.P ♪ | Comments(0)
<< 「Another Night」... Happy Birthday >>