灼熱の屋上 (犬のような日の午後  1995)
f0150112_15394440.jpg猛暑の続く夏の日、夫の暴力を受ける女性をを助けたアパートの主婦たち。しかし搬送される途中でその暴力夫が死亡してしまいます。容疑者になってしまった彼女たちは屋上に逃げ込み、機動隊が出動してだんだん事が大きくなっていきます・・・。


お勧めいただいたので早速見ました~。
この映画、2005年7月に発売になった雑誌「韓国ドラマスターLIVE2」の付録になっていたんです(^^;)確か「あきれた男たち」もこの付録でゲットしました。初期の韓流雑誌は太っ腹でしたね。今も残っている雑誌ですが、さすがに映画はついてこなくなっちゃったようで・・・どんな映画も韓流スターが出ているとDVDになっちゃってますからねぇ。



f0150112_15441498.jpg
12年目で確かに古いんですけれど、なんだかそれ以上前のような気がしました(^^;)
日本の昭和って感じでしょうか。
集合住宅の前に集う主婦たち、まだ近所との会話があった時代・・・。
夫の暴力にずっと苦しんでいたジョンヒを助けようと加勢した主婦たちは、日常の不満が爆発するのですが、立てこもっているうちにそれを女性解放運動みたいに取られちゃうんです。でも確かに発端となる出来事ってそんなものかもしれないなぁ~。屋上にたてこもる女性陣はソン・オクスクをはじめチョン・ソンギョン、ハ・ユミほかドラマで見かける女優さんも多くてなんだか親しみが沸きますねぇ。すっぴんに近い方もいらっしゃったし(^^;)
警察の指揮を取る隊長はチョン・ボソク。この頃若くて男前!奥さんにかける電話でいちいち最後に「以上!」って怒鳴ってて(^^;)いかにも女性を馬鹿にした態度が、当時の男性の象徴なんでしょうか~(笑)そんな彼と屋上とのやり取りが噛み合わないわけですよ。

それだけだとすっごく濃い話になっちゃうんですが、
空き家にこそ泥に入った途端、事件が起きて外に出られなくなっちゃう二人組(そのひとりが私にとってハイエナ限定のキム・ミンジョン)のお篭り生活が笑いを誘います~。
ちょい役で出演のキム・スンウ(なんだか彼自体久しぶり^^;)、カメラ小僧のチャン・ジン監督を見られただけでも、個人的においしい映画でした。

f0150112_15443160.jpg
屋上の彼女たちとベランダの夫や友人とのやり取りが、集合住宅に住む自分にはとても身近に感じられるシーンでしたね。隣のマンションの友人は、子供が忘れ物をすると高層階から下に向かって「○○君(自分の子供の名前)、取りに戻ってきなさ~い!」とよく叫んでます(^^;)あ、私もたまにあるなぁ・・・(爆)
[PR]
by kako-one | 2008-01-13 23:18 | ☆ 映画視聴日記 | Comments(12)
Commented at 2008-01-14 01:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mario5846 at 2008-01-14 16:40
きっと竹書房にチャン・ジンのファンがいるんじゃないかと睨んでおりますが(笑)。「あきれた男たち」もそうですが、この「灼熱の屋上」が字幕つきで見られるなんて、チャン・ジンのファンとしては神様みたいな出版社です^^出来ることなら「ムッチマファミリー」も是非よろしく~♪ってお願いしたくらいです。

この作品、すごくテンポが良くて次から次にいろいろ予期せぬ方向に進んで行くんですが、集合住宅の敷地内という日常的な風景の中に、殺人やら立て籠もりやらTVの取材などの非日常的な世界が侵入してくるところが面白いです。はじめはまとまりのない彼女たちが次第に女性解放という大きな目的で団結をはじめ、最後の集団投降する場面では感動で拍手喝采してしまうほど感動してしまいました。
Commented by nakaenoguchi at 2008-01-14 17:29
最初に駆けつける2人の警官1人がイボムスだって気づきました?
韓国映画ファンにとっては色々美味しい作品ですよね。
フェミニスト的なテーマを持っているにもかかわらず、それをからりとした笑いに包んだ点が素晴らしい。
この監督、「インシャラ」で大コケしちゃうんですけどね。
Commented by kako-one at 2008-01-15 00:06
2008-01-14 01:04 の鍵さん、いや~個人的には面白かったですよ!鍵さんもきっと楽しめるんじゃないかな~と思います(^^)
Commented by kako-one at 2008-01-15 00:14
marioさん、古い映画が字幕付で見られるなんて(それも付録で!)本当にありがたいですっっ。チャン・ジン監督、おもいっきり台詞も出番も多いし!この雑誌、最近映画のおまけが付いていないようですので、ぜひリクエストして絶対に見られないようなレアな映画を付けて欲しいものです~(^^)
住民たちが普通に生活する姿といい、日常が普通に過ぎていくのも屋上との対比が面白いですよねぇ。それにラスト、ホステスの姉さんがチョン・ボソクと握手するシーンは清々しい気分にすらなりました。
Commented by kako-one at 2008-01-15 00:26
なあごさん、ええ~!!イ・ボムスですか!速攻で見直してきますっっ。さらにおいしい映画ですわ~~(笑)
屋上の彼女たちのあっけらかんとした姿には圧倒されます~。テーマが重くのしかかったりしないし、ちりばめられた笑いに助けられました。付録で付いてこない限り、日本語字幕が付くなんて想像できない映画なだけに、貴重なものを見られたな~と思います。
Commented by nakaenoguchi at 2008-01-15 13:57
イボムス、声でわかりますよん。
この作品はNHKのアジア映画劇場(だっけ?)で日本語字幕つきで放送されています。私はそちらの映像で観ました。その意味では「あきれた男たち」のほうが貴重かも。
Commented by kako-one at 2008-01-15 19:20
なあごさん、確認してきました~!もうひとりの警官より台詞がめちゃめちゃ少ないですよねぇ(^^;)ズボンをハイウエストで穿く姿に笑ってしまいました~。
この映画は日本で放送されてるんですね!あなどれないNHK・・・。
Commented by まなこ at 2008-01-16 17:53 x
大好きなチョン・ボソクの若い姿は、ぜひ見てみたいわん
おまけに、イ・ボムスとキム・ミンジョンもご出演ですとな!!!
私にとっては、すっごい豪華メンバー!!!!

これが付録のDVDだなんて、羨ましすぎ~~~
Commented by kako-one at 2008-01-16 21:12
まなこさん、チョン・ボソクお好きでしたか!
>私にとっては、すっごい豪華メンバー
ちょっと前の映画を見る楽しみは、こんなところにもありますよねぇ~(^^)付録復活して欲しいですわ!」
Commented at 2008-01-22 10:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kako-one at 2008-01-22 16:37
2008-01-22 10:55 の鍵さん、そうそう、かなりの方に工事が入っていると私でもわかりました(^^;)
今はどうなのかわかりませんが、当時若いわりにはゆるゆるな体型ですよね~(^^;)この頃はまだモムチャン流行ってなかったんでしょうか(爆)
<< 人体探検隊(SBS)後半戦 「TRICK」 >>